So-net無料ブログ作成

The Beauty Queen of Leenane [演劇]

風姿花伝プロデュースVol.4「The Beauty Queen of Leenane」東京千秋楽を観てきま
した。
小川絵梨子演出。母親マグ(鷲尾真知子)と同居している三人姉妹の末っ子モーリーン
(那須佐代子)。姉二人は既婚で別居中。モーリーンは母親の世話をしていて未婚。
母親との確執。その同居の家が舞台。自分の世話をする娘がいなくなるのが困るのか男
と知り合う機会を奪う母親。数少ないチャンスで昔からの知り合いパト(吉原光夫)に
ひさびさ会うチャンスがきた。その夜パトを連れてモーリーンが帰宅。一夜を共にして
翌朝・・・
精神病院に入院していたモーリーンの過去。マグの火傷の痕の秘密。嫁に行かせないの
は意地悪ではなく、精神病を抱えたモーリーンを思ってのことなのか。なんともやるせ
ない切なすぎる展開に観客も入り込む。すすり泣く客席。カーテンコールがあるのに、
このもやもやした感覚をそのまま持ち帰る舞台は久しぶり。こんなすごい舞台をプロデ
ュースしたのは、急逝した中嶋しゅうさんと那須佐代子さん。中嶋さんがこの場にいな
いのは、本当に残念。
カーテンコール2回。物販不明。皆入口で買う?コーヒーを持ち込んでいたので、この
劇場は飲食可なのかも。このあと香川公演。
12/24 The Beauty Queen of Leenane 風姿花伝プロデュース シアター風姿花伝 14:04-16:04(20分休憩有) C列 5,500円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

アテネのタイモン [演劇]

彩の国シェイクスピア・シリーズ第33弾「アテネのタイモン」を観てきました。
この戯曲はあまり観ることがない。前回観たのは、1996年シェイクスピア・シアターで
タイモン役は吉田鋼太郎。今回のタイモンも吉田鋼太郎。その比較ができるとおもしろ
かったけど、前回分をすべて失念。
友達と思っていた人に裏切られ絶望のタイモン。なんともシェイクスピアらしい展開だ
けど、なんだか不思議な戯曲。タイモンが「死刑」と決まった理由がよくわからず。な
にかそこまで悪いことした?難しすぎるタイモンの墓碑銘の意味。タイモンは本当に死
んだの?
タイモンの執事フレヴィアス(横田栄司)が日本人うけする忠義の人。カーテンコール
の拍手もひときわ大きく。
カーテンコール2回。物販不明。2回目のLAST吉田鋼太郎さんが天に祈る。着実に次代
に引き継がれていく。
12/23 アテネのタイモン 彩の国さいたま芸術劇場大ホール 18:35-21:18(20分休憩有)2階LD列 5,500円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

URASUJI2017『ちんもく』 [演劇]

敦-杏子 PRODUCE URASUJI2017『ちんもく』を観てきました。
今回の舞台は長崎。いろいろあり隠れキリシタンの村に杏(杏子)とおゆき(池田有希子)
が滞在。長崎奉行がキリシタン信者たちを踏み絵で徹底的に取り締まる。それは奉行の妻
が大いに絡んでいる・・・
ハンドマイクの音楽劇。いきなりみんな唄います。紅(藤田紀子)も健在。深沢敦さんは
奉行夫人。今回は猫の化け物。ガレージシャンソンショーは貿易業者の営業。殺陣が他を
上回る片岡馬之助(天宮良)。奇術師おシヴァ(小川菜摘)の艶やかさ。それにしても戦
いのシーンでおゆきの足が上がる上がる。とにかくみんな動く動く。
カーテンコール2回。Tシャツ他物販紹介。開演前同じセリフを大声で繰り返す客入係。
おそらく、それ言われなくても自由席にちゃんと座るし。わからなかったら静かに係に聞
くから(´ヘ`;) そして終演後、今度は「出口付近で立ち止まらないでくださ~い!」。
いやいや出口が一箇所で狭く前が詰まっているから立ち止まるしかないんで。五月蠅すぎ
で大人の芝居の余韻が台無し。まあ、一生懸命係をやっているだけなんだろうけど。
12/23 URASUJI2017『ちんもく』 敦-杏子 PRODUCE ザ・スズナリ 14:04-16:15 E列 5,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ロミジュリ [演劇]

リブレプロデュースVOL9「ロミジュリ」を観てきました。
故林広志作。松戸俊二演出。前回の「誰がためにウエディングベルは鳴る」に続き、
目白駅近くの日本聖書神学校礼拝堂(住所は新宿区下落合)での公演。
お話は、ロミジュリの芝居に憧れを持つ新婦(家は豊島区の総菜屋)(未来)。そ
して新郎は、幼馴染のロミオじゃなくてトミオ(家は豊島区の酒屋)(岩戸秀年)。
昔から家族ぐるみのおつきあい。そんな二人が結婚式の下見にウェディングプラン
ナーとともに目白の教会にやってきた・・・
そのプランナーが橋本直樹さん。いつものように普通に客入れしてるし。最初、ド
タバタの中心的役割でいつもの役だなと思っていたら、いつになくシュール展開に。
新郎の父は松戸俊二さん。松戸さんも普通に客入れで座席案内。なんかビールの抽
選でもらえるような限定ジャンパーを着ているなと思って見ていたら衣装だったの
ね。もしかして私服?お似合い。マクベスを語りながら登場する新婦の母(佐野美
幸)いきなり怖すぎ。役がはまりすぎキャスト新婦の父(岸博之)と新郎の母(中
村容子)。ダンスが軽快総菜屋の店員(ちあき)。
カーテンコール1回。この教会は退出時間が限られているらしく、カーテンコール
はさらっと終わり役者へ面会する客との時間に。ロミジュリは悲劇で同様にこの舞
台も、怖い場面もあるし泣ける場面もあるけど基本コメディ。新婦のバルコニー後
の早着替えにはびっくり。この神学校はプロテスタントだからか「ロミオとジュリ
エット」では神父だったけど牧師と言い換える配慮?協会を管理しているパリス役
でケーキ屋の息(河野将也)が話したセリフだけは神父のままだったけど。
この役者たちで、今度は本物の「ロミオとジュリエット」を松戸演出で観たくなり
ました。
12/21 ロミジュリ リブレプロデュース 日本聖書神学校礼拝堂 19:00-20:36 自由席(上手ブロック4列目当日券) 4,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

クラウドナイン [演劇]

クラウドナイン「クラウドナイン」を観てきました。
1995年PARCO劇場版を観ていたはずなのにすっかりストーリーを忘れていました。
一幕はイギリス植民地のアフリカ大陸での本国からやってきたクライヴ家族。二幕は、一幕
から100年後だけど25歳しか歳をとっていないイギリスのとある公園が舞台。イギリス
からアフリカ当地のためにやってきたクライヴはイギリスに仕える厳格な父。そして貞淑な
妻ベティ。その理想の家族たちのギャップある現実。そして25年後の家族たちのその後。一
幕とに幕で配役が変更。過去の自分や家族を回想。理想と現実のギャップに戸惑い、現実に
生きる家族たち。役者たちの極端な二役のギャップが楽しい。
カーテンコール2回。物販不明。
12/16 クラウドナイン モチロンプロデュース 東京劇場シアターイースト 18:32-21:30 (15分休憩有) A列上手ブロック 6,800円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

朝陽の中で微笑んで [演劇]

ユーミン×帝劇vol.3「朝陽の中で微笑んで」を観てきました。
帝劇とユーミンのコラボ第三弾。500年後の日本。中年男のかつての恋人とそっくりな
高校生につきまとう。その理由は・・・
なんとも切ない、愛するがゆえにしたことが後の二人に。亡くなった恋人を忘れたくない
ためにしたことが、その後の若い人の人生が。そのときは、もう恋人に戻っていたのか。
離される女性が中年男にかけより抱き合う場面に涙。場面場面にぴったりなじむユーミン
楽曲。
カーテンコール回数不明。2回目のカーテンコール途中17:47に次の観劇のために退出し
残念。
12/16 朝陽の中で微笑んで ユーミン×帝劇 帝国劇場 14:30-17:47(20分休憩有) 2階K列 9,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

欲望という名の電車 [演劇]

「欲望という名の電車」を観てきました。
テネシー・ウィリアムズ作「欲望という名の電車」。ブランチは大竹しのぶさん、スタ
ンリーは北村一輝さん、ステラは鈴木杏さん。大竹しのぶさんは蜷川演出に続き、今回
はフィリップ・ブリーン演出。ブランチの過剰とも思える膨大なセリフ量。うますぎる
役者だけど、何の役を演っても大竹しのぶな感じが抜けず。嫌な感じの男スタンリーを
演じる北村一輝。期待どおりの嫌悪感満載がいい。このスタンリー相手には負け気味の
ステラだったけど姉への愛情十分。舞台はブランチの妄想が随所に。
ストーリーを知っていてもいつもぐいぐい引き込まれるこの戯曲。いろんな演出でいろ
んな役者のブランチが観てみたい。
カーテンコール2回。2回目に演出と音楽監督?を大竹さんが呼び一緒にカーテンコー
ル。物販不明。立ち見は中2階に数名有。
12/10 欲望という名の電車 シアターコクーン 13:32-16:52(20分休憩有) 2階BL列 5,500円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ベルナルダ・アルバの家 [演劇]

2017 無名塾 稽古場公演「ベルナルダ・アルバの家」を観てきました。
ベルナルダ・アルバ(岡本舞)と娘5人の家が舞台。男との接点が無い5人の娘たち。
長女のアングスティアス(円地晶子)の縁談。フィアンセのペペ。彼を愛する五女アデー
ラ(白井美帆)。これまたペペを思う身体が不自由な四女マルティーリオ(松浦唯)が嫉
妬心から五女とペペの逢瀬を阻止。ベルナルダ・アルバの家族とそこで働く女中たち。彼
女たちのセリフの応酬はつか芝居を思い出す。スペインの田舎の村に生きる人たちのしき
たりや生きざま。普段は冷静なのに家族のことになると盲目なベルナルダ・アルバ。閉じ
た世界の中で生きる娘たち。スペインのある地方の話だが、日本にも通じる世界共通な女
性の本性。すごい迫力の1時間45分の舞台。
カーテンコール1回。物販は無かった模様。自由席だけどなんとなくいい席から案内され、
あまり自由に席は選べない。でもどの席も大差無し。
初めて行った仲代劇堂。無名塾HPの地図を見ると用賀駅の北口を出て最初のセブンイレブ
ンを左に曲がり、OKストアの道を道なりに行くだけでしたが、ちと迷い有名な高速横の
マクドナルドに出る。どうやら高速の高架下がまっすぐ行けないためそこが鬼門のよう。
何とかニトリとガソリンスタンドを発見し無事到着。とても心地よい広さと高さの空間で
した。
12/2 ベルナルダ・アルバの家 無名塾 仲代劇堂 13:06-14:50 下手ブロック2列目 3,500円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇