So-net無料ブログ作成

海越えの花たち [演劇]

てがみ座第15回公演「海越えの花たち」初日を観てきました。
長田育恵脚本。木野花演出。てがみ座初観。
先の大戦中、朝鮮人と結婚した日本人女性が多く住んでいた朝鮮半島。敗れたとたん日
本人への憎しみが爆発する朝鮮人たち。日本への引き上げはあるものの帰る場所がない
女たちは朝鮮半島に残る決意をする。そして、同じ民族どおしでの内戦が始まる。
当時の朝鮮半島事情がよくわかる舞台。それぞれの立場で比較できないほどの苦労をし
てきた人たち。戸籍が無い、死亡記録があると日本に帰れない。理不尽なルール。立場
によってどちらも理解はできる。そんな過去があり今がある。他国に恨みを持つ自国の
人々。またその反対のケースも。人々を不幸にする戦争。それでもなお戦争をする人間
たち。いったい、いつになったら気がつくのだろう。
カーテンコール2回。演り遂げた女優たちの涙をためた笑顔が救い。
6/20 海越えの花たち てがみ座 紀伊國屋ホール 19:11-21:24 B列(最前列) 4,000円

共通テーマ:演劇

肉の海 [演劇]

オフィス300 40周年記念公演「肉の海」千秋楽を観てきました。
上田岳弘「塔と重力」原作。渡辺えり脚本・演出の音楽劇。
阪神大震災で同級生美希子を失う心の傷を背負う田辺(土屋良太)。それから現在、
Facebookで再開した同級生水上(尾美としのり)から美希子を思い出すセッティン
グをされる。その後の美希子の家族たちの崩壊。田辺を恨むしかない家族。舞台上に
散らばる膨大なテーマ。東日本大震災や少女の自爆テロ。多くの犠牲のもとに今があ
る。渡辺えりさんの演出がとても懐かしい。
相変わらず土居裕子さんの唄が秀逸。負けじと唄が光る屋比久知奈さん(何者?)。
なにげに脇に久世星佳さん、藤田記子さん、宮下今日子さん。不思議の国のアリスが
えっ!三田和代さん。形がちとおかしいハンプティ・ダンプティーにベテランベンガ
ルさんと豪華なキャストの40周年記念公演。全員で唄うメインの楽曲が心に残る。
カーテンコール3回。深沢敦さんから渡辺えりさんに花束贈呈。座席は、今回後だけ
ど40周年記念シートで4,000円のお得席。
6/17 肉の海 オフィス300 本多劇場 14:04-16:30 N列 4,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ヘンリー四世」一部二部(出口典雄演出) [演劇]

シェイクスピアシアター「ヘンリー四世」連続公演千秋楽を観てきました。
出口典雄演出。二部作の通し公演。

第一部
ヘンリー四世(得丸伸二)の息子王子ハル(西尾洪介)は日々悪い仲間と居酒屋で遊び
呆けている。その仲間がフォールスタッフ(清水圭吾)。悪いこと三昧の彼ら。まさに
やりたい放題。
リチャード二世から力で奪ったヘンリー四世の王位をよく思わないノーサンバランド
(日戸秀樹)を中心とする反乱軍。決戦の時にノーサンバランドは病気で兵を挙げず、
大事な息子のホットスパー(鷹野梨恵子)は王子ハルに殺され、結局反乱軍は敗れる。
カーテンコール1回。

第二部
ヨーク大司教(氏家優希)が謀反。ノーサンバランドも合流するはずが兵が来ず。王子
ハルの弟ランカスター公(梅木懐)が王との間に立ち仲介し和解。反乱軍は解体するが
ヨーク大司教たち首謀者は処刑される。ヘンリー四世の死に立ち会い、国王ヘンリー五
世として心を入れ替える王子ハル。
王位継承を聞きすばやく駆け付けるフォールスタッフと仲間たち。心を入れ替えた王は
フォールスタッフと仲間たちを追放する。そしてお話は「ヘンリー五世」へと続く。
カーテンコール1回。

それにしても、なぜノーサンバランドは二度も兵を挙げない、というか動きが遅い?
ヘンリー五世としての心の入れ替えは見ていてすっきりするが、かわいそうなフォール
スタッフと仲間たち。
なんともすごいフォールスタッフの膨大なセリフ量。各役者一人何役もこなす舞台で目
立ったのは鷹野梨恵子さん。ホットスパー、フォールスタッフの彼女ドル、ウェスモラ
ンド伯を演じる。特にホットスパーとドルの全く正反対の役が光る。

6/10 「ヘンリー四世」 シェイクスピアシアター 中野ザ・ポケット H列 6,000円
第一部
11:00-13:06(10分休憩有)
第二部
15:00-17:28(10分休憩有)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ヘンリー五世(鵜山仁演出) [演劇]

「ヘンリー五世」を観てきました。
鵜山仁演出。初観のシェイクスピア戯曲。少数勢力でフランスとの戦争に勝利するヘンリー
五世。フランス王女キャサリンと結婚し平和を迎える。そして、ヘンリー六世へと続く。
イングランド王のヘンリー五世。戦い続け、赤く染まっていく王の衣装。たくさんの亡くな
った人たちの血で染まるイングランド国旗。戦い前夜、各部隊を激励にまわる王とは知らず、
王の責任を問う若い兵士。戦後、その若者に対する王の処分がなんとも憎い。
フランス王女を口説く時の王の衣装が血の色。説明役が客の想像力を促したり、舞台で表現
できない壮大な場面や場面転換をわかりやすく案内。
カーテンコール4回。昨年のヘンリー四世を観逃しがなんとも残念。物販不明。
6/2 ヘンリー五世 新国立劇場中劇場 17:31-20:13(20分休憩有) 2階3列 3,240円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

シラノ・ド・ベルジュラック [演劇]

「シラノ・ド・ベルジュラック」を観てきました。
有名な舞台だけどあまり上演されない舞台。前回観たのは2007年の青山円形劇場。
鈴木裕美演出。一幕、話が長く冗長感。アドリブのようなセリフいる?後半バルコニー
のところから盛り上がり、二幕、がぜん面白くなり涙のエンディング。
カーテンコール2回。物販不明。休日マチネでこんなに面白い舞台なのにS席は空席が
ちらほら。
5/19 シラノ・ド・ベルジュラック ホリプロ 日生劇場 13:00-16:11(20分休憩有) 2階I列 4,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇