So-net無料ブログ作成

『 真実 』~嘘×嘘=真実?~ [演劇]

文学座公演『 真実 』~嘘×嘘=真実?~ 東京公演初日を観てきました。
この公演は、ボルドーチーム(斎藤志郎、渡辺 徹、古坂るみ子、郡山冬果)とシャンパ
ーニュチーム(鍛治直人、細貝光司、浅海彩子、渋谷はるか)のダブルキャスト公演。
今日は、シャンパーニュチーム。
ミシェル((鍛治直人)とロランス(浅海彩子)夫婦とポール(細貝光司)とアリス
(渋谷はるか)の二組の夫婦のお話。ミシェルはアリスと浮気をしている。それが
ロランス、ポールにバレそうになり・・・
ミシェルだけがハラハラ、逆ギレ、えっ、という展開なコメディで客席に笑いが多数。
回転舞台の場面転換。実は怖くて、ドキドキな長セリフのブラックコメディ。
カーテンコール2回。物販不明。ボルドーチームがとても気になる。
2/24 『 真実 』~嘘×嘘=真実?~ 文学座 東京芸術劇場シアターウエスト 19:00-20:45 I列 4,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

近松心中物語 [演劇]

シス・カンパニー公演「近松心中物語」千秋楽を観てきました。
1979年初演から何度も再演を重ねている舞台。「男女二組それぞれの情念の道行」
とのうたい文句だったけど、なぜに与兵衛(池田成志)とお亀(小池栄子)は心中した
のかよくわからず。心中するまでのことした?笑いが多く情念感じず。
忠兵衛(堤真一)と梅川(宮沢りえ)の美しいLASTは素晴らしかったけど、大事な
ところで音楽が「ブッ」と中途半端に途切れる。雪のシーンに合わせて無音になったか
もしれないけど、途切れ方も雑で不自然。
カーテンコール3回。拍手が続き3回目はバタバタと数人緞帳前に登場。物販不明。
2/18 近松心中物語 シス・カンパニー 新国立劇場中劇場 13:35-16:15(15分休憩有) 2階2列 5,500円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

夜、ナク、鳥 [演劇]

オフィスコットーネプロデュース「夜、ナク、鳥」初日を観てきました。
福岡で実際にあった保険金連続殺人事件を大阪に置き換えた大竹野正典作の舞台。
ダメ亭主。生きていくための女性4人の結束力。看護婦の知識をフルに。夜泣く鳥
はナイチンゲール。患者が死ぬのはどうしようもない。看護婦はストレス過多。
ここで終わりなんだ。
カーテンコール2回。物販不明。前のほうの客。それ笑うとこ?ここで笑わないで
しょと思うこと多数。
2/17 夜、ナク、鳥 オフィスコットーネプロデュース 吉祥寺シアター 18:05-19:48 F列 5,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝島 [演劇]

青蛾館公演 男装音楽劇「宝島」プレビュー公演を観てきました。
ロバート・ルイス・スティーヴンソンの同名小説を下敷きにした寺山修司が執筆した
「宝島」。船長から預かったトランクにあった宝島の地図。手に入れたのは船乗りに
憧れる少年ジム(佐藤真弓)。船乗り経験のあるジョンシルバー(宮下今日子)の助
けで宝島にたどり着くが、もうひとつの謎を解かねければ宝にありつけない・・・
あばずれ女にシルビア・グラブさん。間近でシルビアさんの生唄が聴けます。この舞
台音楽劇でダンサーや他出演者が踊り唄います。時々自動の素敵な生演奏。劇団四季
の「魔法をすてたマジョリン」の魔法使いをやっつけるシーンとダブる盛り上がりで
客席の子供が大声で頑張るのがなんとも楽しい。
カーテンコール1回。役者たちがお見送り。この公演は、私が苦手な観客参加型。観
客がいろいろ参加。この舞台、絶対子供も楽しめます。宝物の山分けがうれしい。
2/3 宝島 青蛾館 東京芸術劇場シアターウエスト 19:05-20:36(10分休憩有) F列 4,300円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

TERROR テロ [演劇]

パルコ兵庫県立芸術文化センター共同制作 「TERROR テロ」東京千秋楽を観てきま
した。
ドイツ上空で乗員乗客164人が乗った民間旅客機がテロリストにハイジャックされた。
テロリストはその旅客機を、7万人の観衆がいるサッカースタジアムに墜落させよう
としている。緊急発進したコッホ空軍少佐は、降下を始めた旅客機を上官の命令に反
し、撃墜した。7万人の観客を救い、164人を犠牲にしたコッホ少佐は有罪か無罪か。
いろんな例えを出し164人を殺したのは有罪と訴える検察官(神野三鈴)、無罪を訴
える弁護士(橋爪功)。開廷前裁判官(今井朋彦)が観客が参審員と伝える。観客
全員が参審員となり法廷の行方を追う今までにない観客参加型の舞台。評決は二幕の
最後の10分の休憩中に判定箱に。今日の評決は「無罪」。「無罪」の判決を出す裁判
官。おそらく「有罪」の場合のセリフは中身が異なるのだと思う。
罪のない164人を殺して「無罪」のわけがない。7万人を助けたのに「有罪」のわけが
ない。どちらの考えも理解できる。だから評決は難しい。悩みに悩む観客。休憩中も
本気で悩む観客たち。皆で舞台をつくりあげる。
カーテンコール2回。2回目に演出の森新太郎が出てきて、東京公演の評決の総括。
「有罪」と「無罪」の同数だったらしい。数としては「無罪」が勝ってた模様。物販
不明。この劇場いつの間にか劇場名の最後に「TAKASHIMAYA 」がついていました。
1/28 TERROR テロ パルコ兵庫県立芸術文化センター共同制作 紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA 14:05-17:02(15分休憩有) 9列 7,800円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇