So-net無料ブログ作成
前の8件 | -

欲望という名の電車 [演劇]

「欲望という名の電車」を観てきました。
テネシー・ウィリアムズ作「欲望という名の電車」。ブランチは大竹しのぶさん、スタ
ンリーは北村一輝さん、ステラは鈴木杏さん。大竹しのぶさんは蜷川演出に続き、今回
はフィリップ・ブリーン演出。ブランチの過剰とも思える膨大なセリフ量。うますぎる
役者だけど、何の役を演っても大竹しのぶな感じが抜けず。嫌な感じの男スタンリーを
演じる北村一輝。期待どおりの嫌悪感満載がいい。このスタンリー相手には負け気味の
ステラだったけど姉への愛情十分。舞台はブランチの妄想が随所に。
ストーリーを知っていてもいつもぐいぐい引き込まれるこの戯曲。いろんな演出でいろ
んな役者のブランチが観てみたい。
カーテンコール2回。2回目に演出と音楽監督?を大竹さんが呼び一緒にカーテンコー
ル。物販不明。立ち見は中2階に数名有。
12/10 欲望という名の電車 シアターコクーン 13:32-16:52(20分休憩有) 2階BL列 5,500円

共通テーマ:演劇

ベルナルダ・アルバの家 [演劇]

2017 無名塾 稽古場公演「ベルナルダ・アルバの家」を観てきました。
ベルナルダ・アルバ(岡本舞)と娘5人の家が舞台。男との接点が無い5人の娘たち。
長女のアングスティアス(円地晶子)の縁談。フィアンセのペペ。彼を愛する五女アデー
ラ(白井美帆)。これまたペペを思う身体が不自由な四女マルティーリオ(松浦唯)が嫉
妬心から五女とペペの逢瀬を阻止。ベルナルダ・アルバの家族とそこで働く女中たち。彼
女たちのセリフの応酬はつか芝居を思い出す。スペインの田舎の村に生きる人たちのしき
たりや生きざま。普段は冷静なのに家族のことになると盲目なベルナルダ・アルバ。閉じ
た世界の中で生きる娘たち。スペインのある地方の話だが、日本にも通じる世界共通な女
性の本性。すごい迫力の1時間45分の舞台。
カーテンコール1回。物販は無かった模様。自由席だけどなんとなくいい席から案内され、
あまり自由に席は選べない。でもどの席も大差無し。
初めて行った仲代劇堂。無名塾HPの地図を見ると用賀駅の北口を出て最初のセブンイレブ
ンを左に曲がり、OKストアの道を道なりに行くだけでしたが、ちと迷い有名な高速横の
マクドナルドに出る。どうやら高速の高架下がまっすぐ行けないためそこが鬼門のよう。
何とかニトリとガソリンスタンドを発見し無事到着。とても心地よい広さと高さの空間で
した。
12/2 ベルナルダ・アルバの家 無名塾 仲代劇堂 13:06-14:50 下手ブロック2列目 3,500円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ちょっと、まってください [演劇]

ナイロン100℃ 44thSESSION「ちょっと、まってください」を観てきました。
金持ち家族と乞食家族。不条理要素満載。別役実オマージュ。家の中と外に分かれる舞台
装置とおなじみ完璧なプロジェクションマッピングが秀逸。無料配布のケラさんご挨拶。
これ絶対観劇前によく読んだほうがよろし。
カーテンコール1回。物販不明。開場時、係員が「ちょっと、まってください開場しまー
す。ちょっと、まってください・・・」えっ、開場?まだ?開場時から不条理劇が始まる。
11/18 ちょっと、まってください ナイロン100℃ 本多劇場 13:02-16:15(15分休憩有) K列 6,900円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

24番地の桜の園 [演劇]

「24番地の桜の園」東京初日を観てきました。
おなじみチェーホフの「桜の園」。「24番地の」とは、演出串田和美さんがシアターコク
ーンの住所から着想を得て付けたものだそう。
オープニング。通常の流れとは違い競売から帰ってきたロパーヒン(高橋克典)の場面
から。途中も多数場面場面が前後。フィールスのLASTシーンも途中に。夢や心の中のシー
ンが無駄に長く感じるが妙に楽しい。ラネーフスカヤは、うまい役者だがこの役にはどう
なんだろう。シャルロッタ役と入れ替わったらどうなるかな。
カーテンコール3回。物販不明。立ち見はいなかった模様。
11/9 24番地の桜の園 シアターコクーン 19:04-21:52(15分休憩有) 2階BR列 5,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

うしろの正面だあれ [演劇]

山の羊舍第7回公演「うしろの正面だあれ」を観てきました。
別役実脚本。初演は1983年。山の羊舍の公演としては2015年の同じ役者での公演の再演。
借りた本を返しにきた男2(大窪晶)。女1(谷川清美)と女2(山崎美貴)の姉妹が
住む家の居間でお茶に誘われる。中年の姉妹二人のどちらかに結婚の申し込みにきた前
提でお話が進んでいく。その気はない男2とその気の姉妹。それに父と思われる男1
(山口眞司)も交え、不条理な展開に・・・
別役実の最高傑作とも言われる作品だそうです。強烈な展開のオープニングで客の心を
つかむ姉妹。同じセリフを繰り返す父。そこに引き込まれた結婚する気はさらさら無い
男2。対の靴下を探すなか、終点のないチューブをどんどん引き出し、思わぬ展開で人
の話を聞かないこの家族たちの中で自分が崩壊寸前の男2。ちらしどおり凄まじい姉妹。
カーテンコール1回のみ。物販無し。正面ブロックと上手ブロックのみの小さな劇場。
自由席なので上手ブロック最前列が役者が近くてお勧め。
11/3 うしろの正面だあれ 山の羊舍 下北沢小劇場B1 14:03-16:05(10分休憩有) 上手ブロック2列目 4,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

わ芝居~その壱「カラサワギ」芝居バージョン [演劇]

玉造小劇店『わ芝居~その壱「カラサワギ」芝居バージョン』東京千秋楽を観てきました。
時代は元禄時代。尼崎藩でのお話。刀を抜いたことのない武士たちの平和な世の中。
赤穂浪士の討ち入りにわく世の中、それに便乗を考える殿様。尼崎藩に人気の見世物がやっ
てきてそれを利用しようと画策していく・・・
台風の一番ひどいときに観に来る熱心なファンで客席満席。
カーテンコール1回。物販多数。開演前、舞台では予想通りコング桑田さんが客をお出迎え、
客いじり、友人いじり、物販。フレンドリーなコングさんの熱意に客も根負けし物販盛況。
狭い会場の通路で終演後もコングさんが物販。客一人一人に「台風なので気をつけて」とや
さしく声かけ、客は笑顔で強い風雨の中帰路へ。次回の東京公演は7月。だいぶ先で待ち遠
しい。
10/29 わ芝居~その壱「カラサワギ」芝居バージョン 玉造小劇店 シアター711 18:05-19:50 E列 4,000円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

肝っ玉おっ母と子供たち [演劇]

無名塾「肝っ玉おっ母と子供たち」能登演劇堂初日を観てきました。
第6回の能登演劇堂のロングラン公演。1988年初演の再演。開演直前緞帳に映されたヨー
ロッパの地図で「肝っ玉おっ母と子供たち」も辿った過程を表示。
プロテスタントとカトリックの宗教戦争時代を生き延びる戦争行商の肝っ玉おっ母のお話。
ブレヒト原作。肝っ玉おっ母とその子供3人は、戦争現場を渡り兵士向けの商売をしている
家族。オープニング、この劇場特有の舞台奥のホリゾントが開き、森の中から幌車を引い
てやってくる家族たち。プロテスタント、カトリックどちらに戦況が傾ても、軍の旗を付
け替えうまく乗り切る家族。途中大きいあんちゃんと小さいあんちゃんが兵隊に。話すこ
とができない障害を抱えた一人娘は、顔を傷つけられ、よけい引きこもりに。あんちゃん
たちは軍に処刑され、娘は村人を救うため銃で撃たれる。家族が亡くなった肝っ玉おっ母
はそれでも軍について生き抜いていく・・・
救いのない物語。戦争の無意味さを舞台が訴える。決して感情的な演技は無いが、それが
また悲しみを誘う肝っ玉おっ母。一人で幌車を引く肝っ玉おっ母に涙が止まらない。
カーテンコール2回。上から吊り下げられた演出隆巴の写真に役者たち一同礼。演出はあ
くまでも隆巴。物販はパンフやクリアファイル、仲代達矢書籍他多数。そしてロビーでは
地元の名産販売がアットホームで楽しい。
それにしてもホリゾントが開いて幌車がやってくるオープニング。プロテスタント軍が本
当の森の中を去っていく。こんな演出はこの劇場だけ。ほかの劇場でもこの舞台公演があ
るけど、この劇場での舞台を観るとこれ以上の感動はできない気がする。雨の日はどうな
るのだろう。
能登演劇堂までは、今回チケットと一緒に販売されている金沢から出発する観劇バスを利
用。運転士からバス内飲食禁止、トイレ休憩無しの案内有り。
乗り場:金沢駅西口団体バス乗降場。バス前面には公演チラシが有るのですぐわかる。13:00
出発だけど30分前には来ているので好きな席を取るには早めに行くのがいいかも。行きは
海側の席(左側)がお勧め。初日だからかバスは満員。
行き:12:57-14:18
帰り:18:43-20:03
帰りのバスで行きと同じ席に座れないともめるおば様たち。同じ人が乗るとは限らないの
だから、指定席なんてありえないと思うのだけれど・・・運転士さんが割って入り解決。
10/14 肝っ玉おっ母と子供たち 無名塾 能登演劇堂 15:34-16:52(20分休憩有) 14列センターブロック 7,500円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

業音 [演劇]

日本総合悲劇協会vol.6「業音」東京千秋楽を観てきました。
初演を草月ホールで観ているはずなのにストーリーを完全に失念。松尾スズキさんがバス
タブから飛び出る部分だけが記憶に残っていた舞台。
今回は、平岩紙さんが体当たりの主役。松尾スズキさんは初演と同じ役。フライング有。
ダンス多数。全編を通して踊り子がダンスと黒子役(康本雅子(ダブルキャスト))も兼ね。
多くの笑いの中にメッセージが盛りだくさん。
カーテンコール無し。物販不明。入口でもらったキャスト表に10月5日~7日はパリ公演
があるらしい。パリで日本語で公演するのだろうがセリフ訳に興味有。
9/3 業音 大人計画 東京芸術劇場シアターイースト 14:04-16:00 D列下手ブロック 7,200円

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の8件 | -